【意外に知られていない老齢年金停止手続き/Old-age pension suspension procedures that few people know】

様々なご依頼の対応に追われ、ブログを更新する時間がなく約4ヶ月も経過してしまいました。
今日は、最近携わった老齢年金手続き業務で、私も知らなかった手続きがあり、ご参考になればと当ブログで紹介させていただくことにしました。

よくわからないまま手続きだけされていて、意志とは無関係に早く年金が支給されてしまった場合は、停止することが可能です。

ある日、支援させていただいている経営者から「予定していなかったのに年金支給が開始されてしまった」とご連絡がありました。
この経営者様とは、繰下げ受給できるよう、然るべき年齢の誕生日以降に手続きをする予定だったものの、年金額の確認で街角年金相談センターを訪ねた際に、正しく理解しないまま、知らず知らずのうちに65歳から支給開始されるよう手続きされていたことが判明しました。

「支給開始された以上は、老齢基礎年金の繰下げ受給は諦めないといけないかなあ」と思いつつ、日本年金機構に問い合わせたところ、次の要件を満たす場合は停止可能であることを知りました。
支給開始後2回目の振込がされる前であること
支給された年金は返納すること(分割も可)

おかげで、経営者様のお望み通り、希望年齢到達以降で繰下げ支給の申請ができることになりました。

本件は、おそらく次の2つの要素が絡み合って起きたことが推察されます。
a. 年金相談センターの方も丁寧にご説明はくださったのでしょうが、老齢年金の仕組みがそもそもわかりづらい
b. 老齢基礎年金は老齢厚生年金と違って、収入が多くても停止になることはなく、要件を満たせば支給開始されることを経営者様が理解していなかった

個々の寿命など誰も予測できるものではございませんが、繰り下げる月数×0.7%(最大42%)が増額され一生変わらない繰下げ受給は、セカンドライフ設計においても一考の価値はあるだけに、本件で知ったことは広く共有することが社会の利益になると判断し掲載させていただきました。



<English>
4 months have already passed since last update because of heavy tasks.
This article will introduce you a procedure regarding old-age pension which almost people didn’t even know.

It is possible to stop pension payment even if pensions have been already paid, as long as only procedures had been done without your understanding.

One day, a CEO gave me call that pension payment had started even though it was not planned. We were going to do the procedure after the birthday of the appropriate age to receive the deferred payment. But when he visited a pension consultation center to check the pension amount, the procedure has been done to start from the age of 65 without detail explanation.

I asked the Japan Pension Service saying "I guess we have to give up on the deferral of the old-age basic pension after the payment has started." Then, I learned that it can be stopped if the following requirements are met.
Before the second transfer after payment starts
The paid pension must be refunded (division is also possible)

As a result of above, we could apply for deferred payment after reaching the desired age according to CEO's wish.

This occurred probably due to a combination of the following two factors.
a. The structure of the old age pension is hard to understand at all
b. CEO did not understand that the old-age basic pension, unlike the old-age welfare pension, would not be stopped even if the income was large and would be paid as long as the requirements were met.

Although no one can predict the life expectancy of each individual, the deferred receipt worth considering even in second life design, because it increase as much as the number of months to be deducted × 0.7% (up to 42%) and does not change for the lifetime.
I introduce this because I recognize this information should be social benefit to be opened widely.

コメント

このブログの人気の投稿

【経営力向上計画の留意点/Important points of Management capacity improvement plan】

【赤ちゃんを身籠り退職をお考えの従業員の方へ/An information for people who consider the resignation due to pregnancy】

【就業規則あるある/A common story regarding Labor Regulations】