【経営力向上計画の留意点/Important points of Management capacity improvement plan】

2019年に入ってから初の更新です。
前回、経営力向上計画の認定を受けた上で設備投資することで、固定資産税の軽減措置やその他税制面での優遇を受けることができることに触れました。
但し、医療業に分類される事業主の方は注意が必要です。
医療機器となると高額ですし、上記制度が適用となる「機械装置」に該当しそうですが、医療機器は、耐用年数省令別表第一の「器具及び備品」のうち「8医療機器」に当たることから、「機械及び装置」には該当しないと判断されることから、前述の優遇措置を受けることができません。
経営力向上計画の認定を受けるために投じた時間そのものが無駄になってしまいますので、ご注意ください。
ちなみに、医療機関等が取得する一定の医療機器には、別途、特別償却や固定資産税の特例措置を受けることができるものがございますので、中小企業庁や税理士にご確認ください。

<English>
First update in 2019.
I wrote about preferential tax treatment benefits or other tax relief measures by investing capital after approval of the management skill improvement plan on last article.
However, employers who are classified as medical industry have to pay attention.
Medical devices seems to correspond to "machinery and equipment" due to high price. Actually, medical devices can not be applied to the above incentive measures because those correspond to "8 medical devices" out of the "appliances and fixtures" of Appendix Table 1 of product life published by ministry and are not applicable to "machinery and equipment".
Be careful not to waste the time to get approval of the management skill improvement plan.
On the other hand, certain medical devices can separately receive the preferential treatments regarding special depreciation or property tax. Ask “Chuushou-Kigyouchou”(Small and medium enterprise agency) or tax accountant.

Regards,

コメント

このブログの人気の投稿

【赤ちゃんを身籠り退職をお考えの従業員の方へ/An information for people who consider the resignation due to pregnancy】

【就業規則あるある/A common story regarding Labor Regulations】